JUMP速報

ジャンプについてまとめてます!

    2017年03月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2017/03/06(月) 19:51:51.09 ID:CAP_USER9
    http://natalie.mu/comic/news/223392
    2017年3月6日 7:00

    空知英秋原作による実写映画「銀魂」より、中村勘九郎扮する近藤勲、柳楽優弥扮する土方十四郎、吉沢亮扮する沖田総悟の、真選組3人のビジュアルが公開された。

    近藤はお人好しで人情溢れる人柄ながら、長澤まさみ演じる志村妙に度々ストーカー行為を繰り返してしまう真選組局長。
    土方は「鬼の副長」と呼ばれ、テロリストのみならず隊士からも恐れられる真選組のNo.2、沖田は毒舌かつ腹黒でドSな内面を持つ一番隊隊長だ。

    「銀魂」は、宇宙からやってきた天人(あまんと)が住まうパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む坂田銀時と仲間たちのドタバタを描いた物語。
    映画は福田雄一が脚本と監督を務め、7月14日に公開される。

    中村勘九郎扮する近藤勲
    http://natalie.mu/media/comic/1703/0306/extra/news_xlarge_gintama_kondou_visual.jpg
    柳楽優弥扮する土方十四郎
    http://natalie.mu/media/comic/1703/0306/extra/news_xlarge_gintama_hizikatavisual.jpg
    吉沢亮扮する沖田総悟
    http://natalie.mu/media/comic/1703/0306/extra/news_xlarge_gintama_okita_visual.jpg

    (続きはソースをご覧下さい)

    9
    【【映画】「銀魂」真選組のビジュアルお披露目】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/07(火) 00:03:56.111 ID:MeAKj0rY0

    4
    【今週のジャンプ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/05(日) 15:16:57.232 ID:zEcNNUkg0
    左から強い順です
    引用されるのは原作のみ
    最終回前後の10年後を除く各キャラの作中最も強い時期をとってあります
    悟空は孫悟空と孫悟空SSJ3に分けてあります
    悟空と悟飯のみ年代別に分けてあります
    魔人ブウはデブ・悪・ゴテンクス吸収・悟飯吸収・純粋悪(登場順)で分けてあります

    SSS ベジット
    S 悟飯吸収ブウ ゴテンクス吸収ブウ 山吹色悟飯
    A+ 純粋悪ブウ 孫悟空SSJ3 ゴテンクス 悪ブウ デブブウ
    A 悟空 ベジータ セル編悟飯 
    A- セル ダーブラ 大人悟飯 セルジュニア トランクス 悟天
    B+ 人造人間16号 ピッコロ 人造人間17号 人造人間18号 界王神
    B 天津飯 コルド大王 フリーザ 人造人間19号 ドクターゲロ チビ悟空 クリリン
    B- ギニュー ヤムチャ リクーム ジース バータ
    C ザーボン グルド ネイル ドドリア
    D キュイ ナッパ ラディッツ 栽培マン 餃子 神様 ヤジロベー ミスターポポ ピッコロ大魔王 カリン様 亀仙人 孫悟飯(おじいさん) ビーデル
    E RR軍各大佐 ミスターサタン 兎人参化
    F ランチ ブルマ ウーロン プーアル ウミガメ


    不足とか異論とかあったら言ってくれ

    1
    【ドラゴンボール(原作)強さランク早見表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: https://twitter.com/omukoshi_moe@オムコシ ★ 2017/02/22(水) 07:02:08.68 ID:CAP_USER
    カードゲーマーは説明力の無い人が多い。

    素人でも本当にわかる解説を書く。

    今回起こったのは、10年以上遊戯王の主役で有り続けた「エクストラデッキからの特殊召喚」を根本から揺るがし、取り返しがつかなくなったルール変更である。

    遊戯王はモンスターを場に召喚して戦うカードゲームで、様々な召喚方法がある。その中でも主役級の位置を担う融合召喚、シンクロ召喚、エクシーズ召喚、ペンデュラム召喚、これらをまとめて「エクストラデッキからの召喚」と呼ぶ。昔は融合しかなかったのだが、世代が進むにつれて新しい召喚方法が生まれ「エクストラデッキからの召喚」とみられるようになった。

    そして今回行われたルール変更とは「新しいカードで新しい召喚方法を使わなければ、エクストラデッキからの召喚を大きく制限するよ」という盛大なちゃぶ台返しである。

    その意図は間違いなく、カードパワーをデフレさせることだ。

    なぜデフレさせなければならないのか。それは、現在の遊戯王はインフレがいきすぎてしまっているからである。

    トレーディングカードゲームにおいて、カードプールの増大と強さのインフレは不可分だ。カードプールが大きくなる(カードの選択肢が広くなる)ほど、今あるカードだけでも十分なデッキを組むことができてしまう。すると、新しいカードを買う動機が生まれてこない。新しいカードがちゃんと売れるためには、既存のカードよりも強く、でなければ斬新なカードでなければならない。そして遊戯王は「新しいカードは強くなければならない」という構造から逃れられず、インフレを止められない状態となっている。

    その結果、アニメと違って、現実の遊戯王は1,2ターンで勝負が大方決まってしまうようになった。最前線級のデッキとそれ以外とでは深い断絶が存在しており、最前線級のデッキとまともに試合をしたければ、最低でも「即死技を出す能力」「即死技を止める能力」のどちらかを備えていなければ話にならない。このような高速環境では新たに斬新さを作る余地もほとんど残っていないので、新規カードはさらに強さに偏るようになる。これが何年も続いているのが今の状況だ。

    数年前までは禁止制限リストに最前線級のカードを適宜入れていくことで代謝を促すことがまだ機能していた。しかしこの方式も限界が来ている。なぜなら新作のカードはどれも異常に強いので、特定のカードを禁止するという方式が現実的ではなくなってきているからだ。禁止制限リストは100種類を突破して久しい。

    以上がコナミがルール変更を強行するに至った背景である。

    では、ルール変更はインフレを解決し、健全な環境をもたらすだろうか?残念ながらならないだろう。

    最前線のデッキのなかには、本変更の影響を受けないグループが存在する。これらのデッキは「エクストラデッキからの召喚」をほとんど使わないので、ルール変更前と強さが変わらない(例: インフェルノイド)。となれば、他のデッキはそれらと互角に渡り合う必要があり、新ルールが高速環境に戻るのに、そう時間はかからないだろう。

    既存デッキを環境から強制的に退場させるという点で、このルール変更は事実上のスタン落ち(古いカードをまとめて使用禁止にすることで環境を強制的に代謝させる仕組み)である。しかしこのような場当たり的なやり方では、仕組みとして持続性がない。いずれカードプールは増大し、また現在と同じ即死ムーブが跋扈する状態になる。その度にグレートリセットを行うのだろうか?他のカードゲームの事例を挙げると、マジック:ザ・ギャザリングでは定期的にスタン落ちが行われるのだが、これは計画的に、少なくとも1年前には予定されているので、プレイヤーもショップも適切に備えることができる。

    ルール変更は大きな傷跡を残すことになった。

    電撃的に発表された変更は影響範囲が甚大で、多くのカードを紙屑化し、その価値を破壊するものだった。これは「遊戯王には高価なデッキが明日には無価値になる大きなリスクが存在する」という極めて悪しき前例となった。「業界トップのソシャゲーにおいて、突然既存のSSレアの価値がN相当になった」と例えればわかりやすいだろうか。今後同じことが起きないという保証は全くない。そのリスクはショップとプレイヤーに降りかかる。

    以下全文
    http://anond.hatelabo.jp/20170221010811




    4
    【【考察】遊戯王炎上!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/02/27(月) 19:22:10.429 ID:c8VzVCfa0
    岸影さんお願いします

    2
    【4月からBORUTO新連載キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!】の続きを読む

    このページのトップヘ