JUMP速報

    カテゴリ:マガジン > 進撃の巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    E1D551B6-535A-4D29-89C6-7ABC7BF84A6E

    1: JUMP速報がお送りします
    外の連中とか戦争する気まんまんやから地ならしするの正解やろ
    【【進撃の巨人】ってなんでエレンが悪みたいに描かれてるんや???????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20120211222425

    1: JUMP速報がお送りします
    壁外調査から帰ってきて直ぐにリヴァイがペトラのパッパにあれこれ言われてるシーンだよな?

    【【進撃の巨人】で1番胸が苦しいシーンって・・・・・・・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    015966A7-DCEB-4529-BC16-5A8047F4968D

    2: JUMP速報がお送りします
    マーラを巨人で囲んで威嚇するだけとか

    【【進撃の巨人】エレンは地ならしを抑止力みたいな使い方をするだけやろ????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: JUMP速報がお送りします
    ミカサさぁ…
    https://i.imgur.com/zMVJgqA.jpg
    zMVJgqA

    【【悲報】進撃の巨人、最新話でミカサ、無能になってしまう・・・・・・・・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hqdefault

    1: JUMP速報がお送りします
    意味不明な思考
    コニーの母親べつに巨人でいいじゃんと発言
    ミカサに逆ギレ
    アニアニアニアニ


    もうあかんやろこいつ

    【【悲報】進撃の巨人のアルミンさん、アニに会うため島へ逆戻りwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: JUMP速報がお送りします
    ajGkIb6

    【【速報】最新話の進撃の巨人でリヴァイ兵長が衝撃展開に!?!?!?!?!?!??!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: JUMP速報がお送りします
    https://magmix.jp/post/21405
    2019.12.27

     「別冊少年マガジン」で連載中、諫山創氏のマンガ作品『進撃の巨人』は紙・電子書籍での累計部数が全世界で1億部を突破した、超人気作。「マガジン年末交流会」に参加した諫山創氏は、2020年の抱負として「連載完了」を宣言しました。

     12月27日(金)、「別冊少年マガジン」の公式Twitterアカウントは、「マガジン年末交流会」に参加した漫画家による直筆イラストとサインを公開。そのなかで、諫山創氏の作品を投稿しました。

     諫山創氏が描いたのは、拳を振り上げた『進撃の巨人』主人公のエレン。サインの傍らには、ミカサが描かれています。そして力強い字体で「2020年の抱負」として、「連載完了!!」の文字。

     投稿に対して、熱烈なファンからは「いつか終わることは分かっていたけれど、明言されるとつらい」「終わったら、何を楽しみにすれば」と早くも「進撃ロス」を不安がる声が寄せられています。
    EMuMFRnU4AAoEl2

    https://pbs.twimg.com/media/EMuMFRnU4AAoEl2.jpg 
    【【進撃の巨人】諫山創が「連載完了」を宣言 2020年の抱負に早くも「進撃ロス」「明言されるとつらい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fc557f63

    1: JUMP速報がお送りします
    人を愛せとは何だったのか

    【【悲報】進撃の巨人さん、地獄エンドしか見えないwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード (2)

    1: JUMP速報がお送りします
    進撃してる?

    【進撃の巨人って今どうなってるの?????????????】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ダウンロード

    1: JUMP速報がお送りします
    映画なら死ぬ奴の行動やんけ

    【【進撃の巨人】コニーさん死亡フラグありすぎで死亡確定か!?!?!?!?!?!?!?】の続きを読む

    このページのトップヘ